アンチエイジング ニキビ

まずは日焼けをしない

徹底していることは日焼け止めです。
外出する時はもちろん、洗濯物を干す時や、植木にお水をあげるなど、ほんの少ししか陽に当たらない時でも必ず日焼け止めをします。
玄関、ベランダと外に出る所にはスプレー式の日焼け止めを常備しております。

そしてメイクの前には念入りに日焼け止めを塗ります。
特に頬の高い所や鼻の頭、デコルテなどシミができやすいところは念入りに厚塗りに。
あとは出掛けに玄関で髪の毛から足の指までスプレー式の日焼け止めを塗ります。
そしてスキンケアも美白の物を取り入れています。

お風呂では超音波美顔器やブラシを定期的に使ってお肌のターンオーバーを促しています。

食べ物では、トマトのリコピンが唯一シミを薄くするということを聞いたのでほとんど毎日食べるようにしています。
あとはビタミンを摂取した後に、紫外線を浴びるとシミが増えると聞いたので、外出する前には、オレンジやグレープフルーツ、 レモンなどの柑橘系、ビタミン剤などは取らないように気をつけています。

私のシミ対策

シミを薄くするには、抗酸化作用のあるトマトを食べると良いと聞き、今旬でもあるため色々な食べ方で毎日食べています。
主にサラダや、ソースにしてパスタにしたりして食べています。
また同じ抗酸化作用があるとされるかぼちゃやにんにく、アボカドなども、積極的に料理に取り入れるようにしています。

また、中からはビタミンCのサプリも毎日欠かさず摂取し、シミ予防も兼ねています。直接的なものとしては、小林製薬のケシミンクリームを朝の洗顔後と、 夜の入浴後にシミが気になる部分に丁寧に塗りこんでいます。
こちらのクリームは保湿効果もあるようなので、重宝しています。
使い始めて2ヶ月ほど経ちますが、気持ち薄くなってきたような気がします。
効果はゆっくりでも、塗った場所のしっとり感が気に入っています。

そして、季節的にとにかく日焼けに気をつけています。
今あるシミをこれ以上増やさず、薄くしていくために日焼け止めの徹底、帽子や日傘などかかせません。
曇りの日も気を抜かずにガードしています。

思い切って皮膚科で対策

シミが気になって、美白の化粧品などを使っていたこともありましたが、あまり効果が見られず・・・ 最近では汚れを落とすことを基本に基礎化粧品はシンプルなものにしていました。

しかし年齢と共に以前よりシミの数が多くなってきたため、1年ほど音沙汰になっていた皮膚科に行くことにしました。
目的はこちらの皮膚科で購入できるオリジナルのハイドロキシン配合クリーム。
冷蔵庫保存、購入のために混んでいる皮膚科に行くということだけが面倒で一度挫折しましたが、効果はテキメン。

クリームの塗り方は簡単でシミがある部分に夜塗って寝るだけです。
効果を上げようと多めに塗ると赤くなってしまうこともありますが、自分にあった量を塗っていると、少しずつシミが薄くなっています。

また定期的に自宅でピーリング、死海の塩を入れたお風呂で血行を促進し、肌の代謝を上げるように努力しています。
もちろん、シミを増やさない、濃くならないように日焼け予防もしています。

この調子で秋まで頑張って、それでも気になるシミにはレーザーで確実に消そうと考えています。
少し痛いですが、そこは我慢です。

色々な美白化粧品を購入するより、皮膚科のオリジナル化粧品やレーザーで治療するほうが、結果的に費用が掛からないように私は思いますよ。

私の日焼け対策

もともと、小さい時からそばかすがあり、中学生の時から、運動部だったため、シミは倍増。
若い時から、大きなひどいシミに悩まされています。

いろんなものを試し、皮膚が荒れてしまったことがありましたが、現在は、コウジ酸の入った美容液、乳液などを使っています。
紫外線対策として、冬でも日焼け止めを使用し、ファンデーション、下地も美白機能がつき、化粧崩れのしにくいものを使っています。
化粧崩れをしたときには、なるべく早く化粧直しはしているつもりです。
日中は、必ず日傘をさし、半袖の時は、日よけになるものを着用しています。

自宅にいるときも、窓から直接紫外線が入らないよう、窓際に日よけをしています。
自宅内でも、なるべく日中は日焼け止めを使用しています。
メインは、基礎化粧品に頼っているのですが、なかなかシミが無くなるには至りませんが、肌の透明感は出ています。

あとは、カバー力のあるファンデーションを使い、完全には隠れませんが、隠すようにしています。
経口からも何か、シミ対策になるものを摂取した方がいいのですが、今は何も使ってません。

若いころの日焼けが今になって・・・

バブル世代の50代です。
遊びに仕事にエンジョイさせていただきました。
おかげでお金はすっからかんのノー天気な生活を送ってきましたが、一つだけ残ったものが、「シミ」です。
これは残したくなかったし、貯めたくなかった。

平気でビーチで真っ黒に焼きまくり、日焼け止めオイルもガンガンにぬりまくったのに、結果サンタンオイルで、こんがりやけどしていた状態を喜んでいたのですね。
怖い、怖い!

日焼けが肌に悪いと知らされたのは30代になったころでしょうか。
美白、美白と騒がれ、こんがり肌は敬遠されていましたね。
もともと日に焼けやすい肌なので、ちょっと肌を出すだけでいい色に焼けてしまいます。

しかしお肌は正直です。
日焼けして皮が剥け始めた頬の部分を無理やりこすってむいてしまった箇所が「シミ」となって浮き上がってきたのです。
左の眼の下あたりの頬の部分に、誰が見てもシミ?とわかるような2センチくらいの楕円のシミができてしまったのです。

40歳の誕生日のプレゼントに夫からシミ取りレーザーに行っていいよと言われ、皮膚科で治療しました。
が、50歳過ぎて、やはりシミの元は根強いのか再度浮き上がってきています。
ハイドロキノンのクリームを購入、少しは薄くなったかな?と思ったけど、消えるまではいきません。
効果があるのがオバジのC20セラムを継続していますが、まだ消えるまではいきません。

シミを作らないのは絶対に日よけですね。今更ながら反省しています。

子育て中も日焼け対策を!

年齢は35歳。二人の子育てや家事などで忙しく、日々の日焼け対策をおろそかにしていました。

家族でキャンプに毎年行っていたこともあり、汗で流れる日焼け止めの塗りなおしも面倒で気にしていませんでした。
ママ、またほくろができたね?とちょうど一年前に、上の子供から指摘され、何気なく鏡を覗いてみてみると、右こめかみに薄いシミが出ていました。
ほくろは確かにここ数年で増えたとは思っていましたが。

これは明らかにシミでした。
サイズは小指の頭の先くらい。
色はまだ薄い茶色でした。

いよいよ、出てきたかと鏡を見ながらショックをうけつつ・・・すぐに、ドラックストアへ駆け込みました。

現在は、美白クリームトランシーノをシミの部分に朝晩塗り、少しの外出にも日焼け止めとファンデーションをつけるようにしています。
それでも、薄くなった感はまだありません。
それ以外に、朝と晩には美白パックをつけて過ごしています。
日中は、あまり目立たないですが、それでも気になりシミの部分はコンシーラーで隠しています。

姉妹サイトはこちら

【初回限定1980円】ロスミンローヤル小じわに効く医薬品
シミ・シワに効果がある人気の飲み薬(医薬品)は?